ブログ

出窓を利用した学習机のDIY♪

長男が小学校に入学する時にDIYした学習デスクを紹介♫

現在2人の子供達は同じ部屋を使用しています。
子供達が小学生になったら学習机をそれぞれ購入して、部屋におこうと思っていました。

でも、学習デスクを2台置くと部屋が狭くなるし、
2台同じ部屋に置くなら机はお揃いにしたいけど、
学習机を2台となると結構な金額になるし。。。

で、色々悩んだ末。。。

我が家は、学習机をDIYをする事に決定♪

今回は、その学習机のDIYについて、
簡単ですが紹介させてもらいます(*´︶`*)

我が家の学習机DIYの作業手順​

まずは、子供達それぞれのデスクの様子。
部屋の出窓と部屋の両サイドの壁を利用して、
2人分の学習机を作成しています。

ちらりと写真の上に見えるのはフラッグの飾り。
学習机のランプの色に合わせて、フェルトで作成したお気に入りなんですが、名前が入ってるのでカットしましたごめんなさい(汗)

出窓の所の棚の部分は30cm。
足元の奥行きの幅が狭いの分かるかな〜?

30cmじゃ机として奥行きが全然足りないので、
テーブルの奥行きは50cmにしています。

実際奥行き50㎝で何年か使用した感じは、
勉強する時、ノートが手前、奥に教科書、
というスタイルで勉強が多いかと思うので、
50㎝四方のスペース確保は最適だったと思います。

ただ、なるべく省スペースでという前提の話なので、
高学年になって参考書や教科書を使用するには、
もう少しスペースがあると便利だと思います。

テーブルの天板の固定は、両サイドの壁と、
天板の下にちょうど良い棚を作成して固定。

天板の板はホームセンターで購入しました。
購入する前に、天板のサイズ(部屋の幅)と、
カットの位置(部屋に梁が合ったので)を確認。

そして、ホームセンターで好きな板を探して、
サイズに合わせてカットをしてもらいました。
私が行ったホームセンターでは1カット50円。

奇麗にカットしてくれるし早くて安いので、
カットはホームセンターがお勧めです。
私が購入した板は、パインの集成材で厚さ2㎝。

DIYの手順は、購入した板を設置場所に合うか確認。
その後、机の支えになる棚を作成して、
全てを塗装して乾いてから固定させて作成しました。

0701diy_5

塗料は、子供が舐めても大丈夫という、
高い安全性のある「OSMO color」を使用。

オスモカラーは屋内外両方に使えて、
メクレ、ハガレ、割れ、フクレなどが少ないです。

しかも、面倒なサンディングをする必要がなく、
そのまま1回上塗りするだけなのが最高です。

私が使用しているカラーは「ミディアムブラウン」。
有害物質を含まず、子供が触っても安全なので、
マンションの我が家でも室内で作業が可能です。

塗装の時は、私はいつもウエスを使っています。
ゴッテリと色が着く感じが嫌なんですけど、
ウエスで塗り込むと自然な感じになります♪

棚の組み立てや塗装が完了したら設置。
板をそのまま置いただけでは危ないので、
壁側の両サイドを角材で固定して完成。
ネジは石膏ボード用を使っています。

↑コチラの石膏ボード用アンカーはお勧め♫

石膏ボードの壁にネジを使用する場合、
通常の物だとネジが安定しないので、
石膏ボード用の「アンカー」を使用します。

↑こういうの。
でも、アンカーは先に下穴を空けて使用します。
お勧めのネジは下穴が不要で使用できます。
しかも通常のタイプより強力です٩(・ω・。)

DIYの勉強机に合わせて使っている物​

いつもは机に透明ビニールマットを敷いてます。
汚れ防止と時間割入れとして活躍しています。

使用している物は1.5mm〜2mmの透明マット。
厚みがあって結構な重さがあります。
なので、何枚かプリントを入れてもしっかり抑えてくれます。

学習机でマットサイズを確認してから、
ホームセンターで使用サイズを購入しました。
ネットでも購入出来ますが、厚さとか確認して購入するのをお勧めします。

学校の道具置き場として採用したのは、
ネットで購入したキャスターワゴン♫

絵の具セットやら、習字道具やら・・・
学校で使用する物って結構ありますよね〜
それらの道具を自分で1カ所に収納出来るよう、
1人に1台づつ購入しました。

コレ、安くて送料も無料でGOOD♫
カラーはアイボリー、レッド、ダークブラウン、シルバー、ダークグリーンがあります。

学習デスク用の椅子は1才から使用していた、
STOKKEのトリップトラップを追加購入して、
2人で色違いで使ってもらっています。

現在は私が購入した時よりカラーが豊富♪
成長に合わせて高さを調節出来るし、オシャレなのでとってもお勧めです。

学習デスクをDIYしてから6年。
今でも壊れもせず活躍中です。

もし、学習机の購入にお悩みの方、
希望サイズで作成できるDIYも是非検討してみて下さいね♫

関連記事

保護中ページの閲覧方法

NEW POST

ページ上部へ戻る